“息切れしてしまう500円玉貯金”で自信を喪失していませんか?

貯金できない人でも超自信!小銭財テク法

貯金できない人でも自信がつく!小銭から始めても資産形成の達人になれる!

大きすぎる500円玉貯金の負担

大学卒の初任給ならだいたい23万円くらい、高卒なら20万円くらい、中高年なら30万円とか40万円の給料が相場だけれど、中高年は家族のために使うお金差引いて自分の手元に残る小遣いは3万円~5万円が相場。そのように考えると、どの世代も、自分で気兼ねなく使える“浮いたお金”など少ない。

学生のあいだは友だちづきあいが活発で、欲しいもの・必要なものは中高年よりもはるかに多い。このような日常の中で、500円玉貯金などというのは現実味のない話です。500円玉貯金が途中で挫折して、そのおかげで貯金に自信を無くしている人や自分は貯金が出来ないタイプだと思い込んでいる人が多くいますが、それは当たり前のことなのです。

500円はいまだにワンコインランチなどと言われ、その位置づけは非常に大きいもの。それを小銭だということ自体が錯覚だし、500円玉が出来る度に貯金していたら、すぐにできなくなってしまうのは当たり前だと思うべきです。

貯金できるかどうかは“自信”の問題

現実に即した小銭貯金とは1円、5円、10円のこと。とくにサイフの中にあって邪魔になることが多い1円玉や5円玉は、ある意味でないほうがスッキリする存在ではないでしょうか。大きくはないホントの小銭で、なければ不便でもあるけれど、取り払うことができたらスッキリする。
そんな特性を貯金に活用してしまいましょう。長々となぜこのような話をするかと言うと、貯金は1回の額の大きさが問題なのではなく、なくても気にならないお金、息切れしないお金を使って、雨水のように貯めていくことが大事。1円、5円、10円が貯まっていけば、半年でそれなりのお金にはなるはずです。

そうすると貯まったことに自信ができ、まず“自分は貯金ができないダメ人間”などという自信喪失状態から抜け出せます。お金は誰にでも貯められます。最初に無理をしてしまうか、無理のないところから重ねて自信をつけるかの違いだけです。自信がつけば次の道が開けます。

貯金は“通帳のガラパゴス化”が大事

まず1円玉や5円玉貯金を始めるときは、無造作にポイポイ入れられる大きな灰皿のようなものや、不要になった大きな口の空き瓶などを部屋の数カ所に置いておき、自宅に帰ってサイフを開けたとき、気がついたらそれをポイっと容器に入れていきましょう。

ある程度貯まってきたら、銀行に行くついでのときにまとめてもって行き、ATMの入金ボタンを押し、小銭投入口に入れれば、第1回目の貯金ができたことになります。額の問題ではないので、決して少額であっても気にする必要はありません。

自分を強制したり縛ったりするのではなく、無意識に貯めていくことが大事。当然のことですが、日常使いしている銀行の口座と貯金するための口座は別々にしておくのが鉄則です。できれば新しく口座を開いて新規の通帳をつくるのが理想的。このとき、キャッシュカードはつくらずに、届出の印鑑だけで済ませましょう。

スグには下ろせない面倒な状態をつくるためです。ネット銀行や仮想通貨など、簡単にやり取りできてしまうツールも切り離し、ガラパゴスのような状態をつくりだせれば、それがベストです。